台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

デジタル 台湾

サムスン Galaxy Note 7 台湾でもリコール後の交換品が発火。尻が爆発しそうになった女性激怒。若い台湾女性を中心に人気のあったSamsungもついに終わりの始まりか。

投稿日:

 韓国 Samsung の主力スマートフォン ギャラクシー Note 7がリコール後の交換品でも発火&爆発が相次ぎ、サムスンは即時の使用中止をユーザーに求めているとのこと。台湾でも交換後にすぐ爆発する事例があり、台湾のサムスン快進撃はもう終わりを迎えそうです。

犬の散歩中に突然発煙&発火

 台湾で犬の散歩にGalaxy Note 7を持って出かけた女性が、家を出て三分後に発煙&発火したそうです。この26歳の女性はお尻のポケットにスマホを入れていたらしく、「もう少しで尻が爆発するところだった!もうサムスンは信用しない、二度と使わない」とキレていました。

f:id:kotobuku:20161011230539j:plain
新版Note 7台灣傳首「爆」三星:積極調查中 - 生活 - 自由時報電子報

 台湾の消費者を保護する公的な団体はいち早くサムスンのNote 7を使わないよう呼びかけ、サムスンに適切に対処するよう言明したようです。

 台湾では日本のサムスンのようにメーカー名を消して売らなければ売れない状態ではなく、いたるところに大きな広告を打っている効果もあり、かなりの人がサムスンのスマホを使っています。特に若い女性の間では、韓国ドラマや韓流アイドルが大人気で韓国に親近感を持っている人が多く、サムスンを愛用している人も多いです。

 しかし、さすがに一連のサムスンの対応が酷すぎたため、企業イメージが悪化しすぎており、飛行機にも持ち込めないなど不利益をこうむっているので、今後サムスンを避ける人が多くなりそうです。

台湾勢巻き返しのチャンスか

 台湾はHTCやASUSなど、スマホメーカーがひしめく国ですが、どういうわけか台湾人は日本や韓国、アメリカのスマホを使いたがります。海外のもの=舶来品=良いというイメージがまだ根強いからだと思います。

スポンサーリンク

 台湾の人に日本ではASUSのZenFoneとかが割りと人気だよというと、いつも不思議そうな顔をします。ただ、最近ではASUSのイメージ戦略・ブランド戦略が功を奏し、台湾でもZenFoneを使う人が多くなっています。私もZenFone3をいろいろなところで触ってみましたが、なかなかよくできたスマホだと思います。液晶もなかなか綺麗。性能も十分。デザインも以前のモッサリとしたASUSっぽくないですし。

 ただ台湾ではASUSの評判はあまり良くないです。日本ではマザーボードなどを作っているメーカーだから信頼できるというイメージが有るのに、台湾ではすぐ壊れるというイメージがあります。私の以前買ったAsus MeMo Pad 8は一年とちょっとで壊れてしまいました。電源はつくのでソフトウェアが壊れたのかと修理に出してみると、なんと基盤がイカれているので修理不能とのこと。保証期間を過ぎていたので泣く泣く廃棄しました。

 ASUSのスマホとかタブレットはこういうふうに1年とちょっとで壊れるというのが台湾での認識のようです。以前噂されたソニータイマーみたいなASUSタイマーでも入っているのかもしれません。でも日本でASUSがすぐ壊れたということはあまり聞かないので、台湾の過酷な湿度と気温の高さが内部の腐蝕を早めているのかもしれません。

 台湾メーカーにとってもサムスン失速はシェア拡大のチャンスとなりますが、日本メーカーにも頑張ってもらいたいところです。とはいえ、現実的に台湾でサムスンやASUSに対抗できるアンドロイド端末はSONYのエクスペリアくらいしかありません。中華圏には熱心なソニー信者がいて、そういう人たちは迷わず使っていますが、それ以外の人に対して現在のエクスペリアがどれだけ魅力的に映るかちょっと疑問です。台湾のSONYは信者がいることにあぐらをかいて、強気の値付けをしていますし。となるとサムスンの減少したシェアをかっさらうのはやはりアップルになってしまいそうです。

-デジタル, 台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.