台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

写真 台湾

台北は32度を超える真夏並みの暑さが続き、完全に夏バテ。ラニーニャ現象が今後も続くため、ずっと暑く、台風もまた来そう。

投稿日:

 ここ一週間の台北の蒸し暑さは8月の真夏に迫る勢いです。日中は32度を超え、夜になっても30度くらいあり、ときたま雨も降るので湿度も大変なことになっています。

すべての写真-206

 夏バテに加え、汗疹がつぎつぎと発生し、なかなかきついです。10月の末なのにクーラーを付けるのは悔しいので付けていませんが、変な意地を張らず付けたほうが良かったです。

台湾南部より暑い台北

 台湾南部、高雄など熱帯の気温はここまで酷くありません。最高気温は30度くらいあるものの、夜はかなり涼しくなります。何より海に面している都市は海からの風でなかなか快適です。

 台北は盆地な上、人口が密集しすぎ、ヒートアイランド現象で気温が全然下がらないのです。

すべての写真-202

 不安定な天気で、空や雲が千変万化するのが美しいのだけが救いです。

すべての写真-198

 ただもうかなり日が短くなっているので、授業が終わる頃になると日没してしまっているのが残念です。最近、授業で使う荷物が多すぎるのでほぼiPhone SEのみで写真を撮ってしまっています。雲の微妙な動きなどもきちんと描写できるレンズに満足しています。

Apple iPhone SE SIMフリー 4インチ 【64GB ローズゴールド】 国内SIMフリー版 2016

スポンサーリンク

 しかし、スマホの画面で見るならともかくやっぱりパソコンなどで全画面表示するとアラが目立つので、めんどくさがらずにカメラを持ち歩こうと思います。等倍表示までしてアラをさがす気はありませんが、14インチくらいのディスプレイに表示すると、どうしても撮影素子の小ささが目立ってしまうのです。

ラニーニャ現象があと数ヶ月続き、台風の再来も

 ニュースによると、海水気温が高くなるラニーニャ現象があと3,4ヶ月は続くようです。となると、台湾も猛暑が続き、台風が続々と発生しそうです。
 台湾をかすめるように動いている台風22号は、今後日本へ向かうかもしれません。

f:id:kotobuku:20161022031611j:plain

 これだけ台北から離れているにも関わらず、昨日の台北はものすごい風でした。明日も最接近しそうなので、風が心配です。

 台風が大きな地震のあった鳥取を襲わなければよいのですが。鳥取は故郷の岡山以上に地震が起こらないと思っていたため、ものすごく驚きました。岡山も北部は震度5だったとのこと。岡山で震度5だと大事件です。前回震度5のゆれを感じたのは、1995年の阪神大震災でした。西日本の地震活動もまた活発化しているようなので心配です。

 前回、昭和18年の鳥取地震の1年後には東南海大地震、3年後には南海大地震が起こり、巨大津波が発生したとのこと。そして、東南海地震の1ヶ月後には三河地震も発生したそうです。南海トラフ地震の前には内陸や陸地に近い断層が動く傾向があるため、万一の地震に対する備えは十分しておいたほうがよさそうです。

 台湾も各地で地震活動が活発化しています。日本は今回のように震度6弱程度では壊滅的な被害は出ませんが、違法建築はびこる台北で同じような地震が起こったら大惨事になるのは間違いないです。水道も電気も即座に使えなくなると思うので、万一に備えて、防災グッズを揃えておきたいところです。

-写真, 台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.