台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

台湾

台湾に対する安倍晋三・小池百合子・枝野幸男の態度が意外と同じで驚く

投稿日:

2017年10月22日の衆議院選挙で自民党と公明党合わせて憲法改正の発議ができるほどの大勝をしました。

この選挙に対する台湾政府と台湾人の見方はどのようなものなのでしょうか。

台湾の国旗のアイコン画像

民進党・蔡英文総統、安倍晋三首相に祝意を伝える

現総統の蔡英文は22日の選挙当日に関係機関を通じて安倍晋三首相に祝賀の意を伝えました。

当日に祝意を公式に出すというのは、かなり速いですね。海外からは最速では?その祝意の内容とは

日台相互の繋がりを確認

まず蔡英文総統は隣り合う日本と台湾の人的往来や各分野における協力・交流の相互の密接なつながりを強調します。

安倍首相と日本政府の支持に謝意

そして、安倍晋三首相が日本と台湾の連携を重視してきたことに感謝します。そして日本政府がこれまで台湾の国際組織への参加を支持してきたことに対して謝意を述べます。

台湾人の多くは2020年の東京オリンピックに台湾が「中華台北」という名前のチームではなく、「台湾」という名前で参加できることを期待しています。

安倍晋三首相は外国人が持つ「在留カード」の国籍欄が今まで台湾出身者でも「中国」となっていたのを「台湾」とした実績もあるので、東京オリンピックでもやってくれるかもしれません。

しかし、中国が激怒し、ボイコットをちらつかせるような事態になりかねないので、なかなか難題です。

日台の今後に期待

さらに蔡英文総統は安倍首相の下で両国関係がさらに深まることと、共同で地域の繁栄や安定を維持することに期待を示しました。

中国が台湾に強烈な圧迫をかけ続けています。

伝統的な服を着て踊る中国人の女性の写真
中国共産党大会で習近平は「中国と台湾の統一」を強く主張。蔡英文「圧力には屈しない」

中国最大の政治イベントで5年に1度開催される中国共産党大会が開幕しました。 大会の冒頭で習近平国家主席は、中国が「世界の舞台の中心に立つ」べき「新時代」を迎えたと新たな中華思想をドカンと出し、台湾独立 ...

続きを見る

日本も中国にはいろいろしかけられています。

尖閣諸島では日本と台湾は対立していますが、対北朝鮮では台湾は日本にかなり協力的です。安倍首相が今後3年くらいは首相を続けるでしょうし、蔡英文も再選すると思うので、中国も台湾海峡に手は出せないでしょう。

希望の党・小池百合子と台湾

安倍晋三首相が勝ちましたが、選挙の序盤では小池百合子が野党勢力を束ねて首相になるのではないかという予測もありました。

スポンサーリンク

今となっては見る影もなく、排除したはずの議員たちが結成した立憲民主党にも負けてしまいました。

もし、小池百合子が破竹の勢いのまま大勝し、首相になったら台湾との関係はどうなったかなと思い、Googleで「小池百合子 + 台湾」で検索してみたら、自分が去年東京都知事選の後に書いた記事がでてきました。

あぁ、そういえば書いたなと検索したあと気づきましたが、まだ1年ちょっと前なんですね。

台湾と縁が深い小池百合子東京都知事就任、蔡英文総統も李登輝元総統も祝福

台湾と縁が深い小池百合子東京都知事就任、蔡英文総統も李登輝元総統も祝福

小池百合子が東京都知事になったニュース、台湾でも大きく報じられています。 蔡英文総統も李登輝元総統も祝福 小池百合子は台湾との縁が深く、1999年の台湾大地震の際にはいち早く現地に駆けつけ、阪神大震災 ...

続きを見る

小池百合子は台湾の台中で起きた大地震の際、いち早く台湾に渡り支援をしています。今回の衆議院選挙の大敗で政治生命をたたれたとまで言われている小池百合子ですが、もし今度復活して首相になるようなことがあっても、台湾とは良好な関係を築いてくれそうです。

立憲民主党・枝野幸男と台湾

今回野党でもっとも議席を伸ばした立憲民主党の枝野幸男は台湾とどのような関係があるのか、全然知らなかったので、ちょっ調べてみました。

立憲民主党(旧民主党、旧民進党)の人たちは政権交代をした時の鳩山由紀夫元首相、菅直人元首相は言うに及ばず、ほとんどが親中国なので、枝野幸男もそうなんだろうと思いこんでいましたが、全然違いました。

枝野幸男は民主党時代に日本・台湾友好議員連盟に所属し、たびたび訪台して台湾の政治家と交流していたそうです。

なんと代表的な親台派議員の一人とのこと。

小池百合子と同じように李登輝元総統を尊敬する人に挙げていて、2010年の行政刷新担当大臣への就任会見でも言及していたんですね。

漫画家の小林よしのりが「枝野幸男は真の保守」と言ってましたが、対中国の考え方とかもリベラルと言われる陣営の中ではかなり硬派なのかもしれません。

今回の選挙結果を見たら、立憲民主党がかつての民主党のように自民・公明の連立政権を倒して政権交代できるとは思えません。

でも今回の選挙戦でも予想がつかないことが起こったように、もしかしたらとんでもないことが起こって、立憲民主が政権を取ることがあるかもしれません。

枝野幸男は安倍晋三首相より10歳若く現在53歳、もし彼が首相になっても台湾との良好な関係は続きそうです。

私が台湾にいて、安倍晋三首相が政権を取る前まで、日本政府と台湾政府の関係はひどいものでした。

台湾は東日本大震災の時にあれだけ官も民も支援してくれたのに、当時の民主党政権は中国に遠慮してか、台湾を冷遇していました。

それを鑑みると今の日台関係の良好さはうれしいです。しかしその反面、中国の力が強大となり圧力も増してきたので日本と台湾は手を携えていかざるをえなくなったということもあると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-台湾
-, ,

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.