「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾の高速道路でバスが横転、32名以上が死亡する大事故。桜を見るツアー・帰り道の悲劇。原因は速度超過か。

投稿日:2017-02-14 更新日:

 昨日の夜おそくに高速道路を走行中のバスが横転し、現在までに32名が亡くなる大事故が起きてしまいました。

台湾の高速道路でバスが横転。死者33人

桜鑑賞ツアーの帰り道の悲劇

 このバスは台中市の武陵農場に行って桜を見るツアーのバスだったとのこと。台湾では今、桜の季節で各地で桜祭りが開催されています。日本統治時代に植えられた桜が今でも台湾の人に愛されている所も多いです。

 このツアーは桜を見たり、武陵名産のお茶を飲んだり、吊橋を渡ったりと春を満喫する旅でしたが、その帰路で悲劇は起こってしまいました。あまりに酷い横転だったようで、ほぼ即死の人も多かったようです。駆けつけた家族は為す術もなく、その場でお経をあげるしかない状況です。

 台湾では明日から新学期が始まりますが、暗いスタートとなってしまいそうです。

原因は速度超過か

 事故の原因はまだ確定していませんが、速度超過ではないかと報道されています。このバスが製造されてから19年経っているということで、もしかしたら車両に問題があったのかもという報道もあります。
 
 しかし台湾ではもっと古いバスが現役で運行されていますし、車両の問題ではないと思います。事故を起こした車両も車検はきちんとしていたようですし。
 

高速バスでは必ずシートベルトを

 今回の事故では日本人や他の国の外国人は乗ってなくて、台湾人だけだったようですが、日本人ももちろん同じような事故に遭う危険性はかなりあります。ここまで大きな事故はさすがになかなか起こりませんが、小さな事故は頻発しています。
 
 台湾で高速バスに乗る時は必ずシートベルトを付けたほうが良いです。台湾人は誰もつけようとはしませんが、私はいつも付けるようにしています。

まだ記憶に新しい昨年のバス事故

 昨年の夏に台湾でバスが炎上する大事故があり、26名が亡くなりました。その記憶もまだ新しい中、今回のような悲劇が起きてしまいました。

台湾観光バス炎上、中国人観光客26人死亡事故。運転手がガイドへのセクハラで訴えられ実刑判決が決まっていたため、大量に飲酒し乗客を道連れに自殺を図った可能性が浮上。

 去年の事故は運転手が乗客を道連れに自死しようとした事件なので、今回の事故とは性質が違いますが、、
 飛行機が毎年連続で落ちたり、バスで大事故が起き続けたり、大きな事故がつづきます。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.