「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

中国 台湾

台湾全土で酷暑。台北は局所的に37度オーバーで雨も降るため不快指数MAX。夏の旅行は台湾中南部がオススメ。中国も酷暑で突然ガラスのドアが崩壊する例も。

投稿日:

 台北は連日37度以上の酷暑です。台湾全土は3,000メートル級の中央山脈を除いて大変暑いですが、台北だけ局所的に37度オーバー。毎年のこととはいえ、きついです。

f:id:kotobuku:20160717182505p:plain

高確率で熱中症に

 台北は午後、雷を伴った大雨が降ることが多く、湿度も大変なことになります。37度という人間の平熱より高い気温+湿度75%だと、高確率で体の調子が悪くなります。皮膚は糜爛し、頭はフラフラ、正常な思考もできなくなってしまいます。昨日は炎天下の中、徒歩で買い物に行ったら今日は一日寝込んでしまいました。

夏の旅行は中部・南部台湾がオススメ

 私も台湾に来るまでは勘違いしていたのですが、夏は中部の台中や南部の台南・高雄のほうが涼しくて過ごしやすいのです。特に南部の大都市高雄は海に面しており、夜は風が吹くのでかなり過ごしやすくなります。台北は盆地のため風が吹かず、湿度もこもって尋常じゃない暑さ。
 ということで夏に台湾を旅行するなら高雄や台中のほうがオススメです。今はLCCで高雄までの直行便もありますし。冬も実は中部や南部のほうが良いです。台北は冬が雨季となるため、何ヶ月も雨に閉ざされ、気温は10度以下とけっこう寒いです。今年の冬は60年ぶりに雪も降りました。一方高雄は乾燥した良い天気となり、温暖なので半袖でも過ごせるくらいの日が多いです。台北には春や秋に来るのが良いですが、台北の春・秋はとても短く、それぞれ1週間位しかありません、、

中国も酷暑・暑さでガラスのドアが粉々に砕ける

スポンサーリンク

 長江流域が洪水に見舞われている中国も酷暑が続いています。重慶も台北と同じく37度以上の日が続いているようで、地表の温度は60度にも達しているとのこと。あまりの暑さで急にガラスのドアがコナゴナに砕け散るという事案が発生しました。

f:id:kotobuku:20160717182539j:plain
重慶氣溫將達40℃ 一高校玻璃門被「熱炸」(圖) - 社會百態 - 看中國

 暑さで崩壊してしまうガラス、、中国では最近ガラス製の橋が人気で、いろいろなところに建設されているそうですが、急に崩壊してしまわないか心配です。

-中国, 台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.