「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾北部でマグニチュード7,2、最大震度4の比較的大きな地震が発生。ちょうど授業前で、台湾人学生は大騒ぎして逃げ惑う中、日本人学生は動ぜず。地震警報システムが初めて届いた。

投稿日:

 きょう午後1時23分に台湾北東部で比較的大きな地震がありました。最大震度は4、マグニチュードは7.2でした。

台北もけっこう揺れる

 台北も震度3で揺れを感じました。ちょうど授業が始まる直前だったので台湾人学生は騒然。教室から外に逃げる学生もいました。さきごろ台湾に輸出された日本の地震警報システムも作動し、学生たちのスマホに警報が届いていて、喜んでいる人もいました。
 私のiPhoneにも届いていましたが、システム言語を日本語にしているためか、「プレジデンタル、、、」からの通知となっていて、一瞬何か分かりませんでした。学生たちのは「総統府」からの通知となっていたようです。

f:id:kotobuku:20160531134018j:plain
台湾東部で震度4 全土で揺れを観測 M7.2の地震 | 観光 | 中央社フォーカス台湾

震度3で大騒ぎする台湾人と泰然自若の日本人

 日本人なら震度3ぐらいなら特に驚かない人が多いと思いますが、台湾では大事になります。私は、ああ揺れてるなくらいにしか感じませんでしたし、そのクラスに出ていた日本人学生は地震自体に気づかなかったようです。その学生は東北大震災の震度6以上を経験しているので震度4ではまったく動じないというか、もう感覚がマヒしてしまっているのかも。

スポンサーリンク

活発化する台湾の断層

 台湾では今年初め震度5の地震でビルが倒れ、多くの犠牲者を出しましたし、その後もマグニチュード5以上の地震が続いています。今回の地震のマグニチュードはかなり大きく、地震活動が活発化しています。台湾の地震専門家によると、近いうちにこのクラス以上の地震が起こる可能性は多いにあるとのこと。台湾の断層は日本の断層の動きに連動しているという説もあり、熊本で起きた大地震とも関連があるとの説もあります。今回起きた震源の位置も日本のプレートの動きと関係がありそうで怖いです。
 今日も36度と5月としては記録的な暑さとなりました。地震よりも暑さのほうが恐い現状ですが、防災グッズを一応揃えておこうと思います。今のところ懐中電灯くらいしかないので。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.