「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾の輸出額が大幅減。5月はなんと9.6パーセントも減り、台湾の製造業ピンチ。中国の他に東南アジアに工場を移転したためかも。

投稿日:

 台湾の輸出額が減り続け、今年5月は前年同月比で9.6パーセントも減ってしまったとのこと。

Factory

リーマン・ショック以来、最悪の輸出縮小

 リーマン・ショックが引き起こした金融危機は台湾の輸出に打撃を与えましたが、今回の輸出縮小はそれ以来で最悪の結果だそうです。
 ニュースでははっきりした原因は言っていませんが、蔡英文新政権発足に牽制するため、中国がなにかやったのかもしれません。中国は台湾への観光客を減らしたり、学術交流を断ったり等いろいろ嫌がらせしているようなので、あり得る話ではあります。
 しかし、そもそも中国の購買力が落ちているため、自然に減少したのかもしれません。

スポンサーリンク

5月份出口衰退9.6% 創連16黑紀錄-民視新聞

台湾の賃金高騰による空洞化かも

 台湾ではインフレが着々と進みつつあるので、賃金を上げろという圧力も高く、毎年ジリジリと上がっています。台湾の工場はすでに中国にかなり移転していますが、最近は中国も賃金が上がってきたため東南アジアに進出するという動きが活発です。蔡英文も東南アジア重視を言っていましたし。特にミャンマー、カンボジア等に進出する企業が多いようですが、そういう企業が台湾での生産をやめたために輸出額が減ってしまったのかもしれません。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.