台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

台湾

台湾からネットで日本のモノを買い「転送コム」を使って、台湾の「ファミリーマート(全家)」で荷物を受け取れるようになる。ネット上での爆買いの始まり。

投稿日:

 今まで台湾の人が日本のものを安く買うときは、自分で日本に行って爆買いするか、旅行にいく人に頼むか、代理購入サイトを使うしかありませんでした。しかし、日本の転送サイト最大手「転送コム」が、台湾の「ファミリーマート(全家)」の店舗へ転送できるサービスを始めることとなり、台湾の人が日本でわざわざ爆買いすることなく手軽に日本のものを買うことができるようになりました。

f:id:kotobuku:20150924021927p:plain

海外発送不可のネットショップでも「転送コム」を使えば台湾から買える

 もっとも以前から「転送コム」を使うことによって、日本から台湾へ転送することはできました。しかし、手続きとかが面倒くさそうですし使う人はそんなに多くなかったと思います。それに転送コムはもともと海外在住の日本人向けのサービスです。
 今回台湾で大きなニュースとなっているのは、「転送コム」が日本のモノがとにかく欲しい台湾人に向けてサービスを拡充し、コンビニで受け取れるようになったからです。

これで「爆買い」が少しは収まるかも

 台湾人は日本へ行くととにかく爆買いします。薬や化粧品、家電はもちろん、駄菓子なんかもとにかく買います。以前台湾人女性がネットショップで50個以上の買い物をし、送付先を宿泊先のホテルにしていてホテルがダンボールで埋まったというニュースが報道されていました。
 「転送コム」はこの台湾人の爆買い熱に商機を見出し、台湾でのサービス拡充に踏み切ったのでしょう。正直大成功すると思います。転送コムの価格は割と安くて良心的なので、使う人はかなり多いと思いますし、コンビニで受け取れて便利なことから、台湾に滞在している日本人もより利用するようになるでしょう。
 もし、台湾でのサービスが成功したら中国や香港でも転送サービスがはじまることになると思います。そうすれば、日本の店舗での爆買いが収まり、ネット上での爆買いがはじまるでしょう。今までの中国人の爆買いは、日本に旅行へ行くことができる富裕層だけの特権でしたが、転送サービスが拡充されれば、中国の中間層も日本のもの転送サービスを通じてたくさん買うことになると思うので、結果的に日本製品の売上が増えると思います。

スポンサーリンク

しかし、初期不良などリスクも

 日本から正式に台湾へ輸入したものは、価格は高いものの初期不良や故障した場合の保証がちゃんとついています。しかし、転送サイトを通したものは初期不良以外は原則として返品できないようですし、故障したら自分でメーカーとやりとりしないといけないので日本語力が低い人にはやはりハードルが高いです。
 カメラや家電などの精密機器を買うのはリスクがあります。

【TVBS】零障礙!上日本網站購物 轉運台灣超商取貨

 リスクがあるとはいえ、食品や薬、化粧品などの消耗品は自分で使うぶんには箱がすこし歪んでいたとしても問題ありません。今まで高い輸入品を買っていた人もどんどん転送サイトを使うようになると思うので、輸入品の価格も下がるかもしれません。今まで日本からの輸入品は日本の価格の1.5倍以上というボッタクリ価格だったので、台湾の消費者にとっては福音です。特に台湾のユニクロのボッタクリはひどくて、日本の価格の2〜3倍ということもあります。これから台湾人は台湾ユニクロの店舗でサイズ等を確認して、買うのは転送サイトということになるかもしれません。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.