「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾人1人が1年で廃棄する食料品=96キロ。理由は「口にあわないから」が最多。一口だけ食べて捨てる人も多く、今でもカルチャーショック。

投稿日:

 台湾人1人が1年に捨てる食料品の量は96キログラムにものぼるそうです。台湾に住んでいて驚くことは、すぐに食べ物を捨てることでしたが、こんなにも捨てているとは驚きです。

http://www.flickr.com/photos/7380590@N03/2836218910
photo by ruei_ke

食べ物を捨てる理由 = 口にあわないから

 しかも、食べ物を捨てる理由が「口にあわないから」です。学校の食堂とかでも一口だけ食べて、後は全部捨ててしまう学生もいますし、レストランでも少しだけ食べて残して帰る客も多いです。私は日本で「食べ物を粗末にするな」という教育を受けていたので、この台湾人の食べ方は今でもカルチャーショックです。もしレストランとかで注文して口に合わなくても、払った代金がもったいないし、全部食べます。

【2016.05.06】浪費食物!台1人年丟96公斤廚餘 -udn tv

スポンサーリンク

 もちろん、お腹いっぱいなのに無理やり食べる必要は無いですが、もうちょっと「もったいない」という精神があればなと思います。

もったいないばあさん (講談社の創作絵本)

もったいないばあさん (講談社の創作絵本)

廃棄された食料は豚の飼料に

 ただ、台湾では廃棄された食品は豚の飼料として再利用されているので、全く無駄になっているというわけでもないです。ゴミ回収の際も、残飯を回収する車も来ます。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.