「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾の鬼月(旧暦7月)「中元節」と「ゲゲゲの鬼太郎」がコラボ。期間限定「鬼太郎」お菓子が売られ、夜間延長営業も。

投稿日:

 台湾は旧暦7月の鬼月にはいり、妖怪たちが巷にあふれると以前書きましたが、この鬼月と「ゲゲゲの鬼太郎」がコラボしていました。

コラボしたのは台湾のスーパー「全聯福利中心」

 大々的に横断幕が張られています。
すべての写真-83
Apple iPhone 5s back camera 4.15mm f/2.2

「中元節」限定販売の「ゲゲゲの鬼太郎」のお菓子も

 鬼太郎、一反木綿、ネコ娘などがプリントされた期間限定のお菓子も売っています。
すべての写真-80
Apple iPhone 5s back camera 4.15mm f/2.2

すべての写真-81
Apple iPhone 5s back camera 4.15mm f/2.2

スポンサーリンク

鬼月のクライマックス「中元節」は夜間延長営業

 鬼月が佳境を迎える中元節の期間は23時まで営業とのこと。でもこの店舗はもともと23時まで営業なのですが、、
すべての写真-82
Apple iPhone 5s back camera 4.15mm f/2.2
 このスーパーにかぎらず、中元節期間中は夜間延長営業するお店が多く、午前2時や3時まで営業しているところが少なくありません。

www.koutetsuteki.com

鬼太郎の台湾人気

 台湾では「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」「クレヨンしんちゃん」などが日本以上に愛されています。「ゲゲゲの鬼太郎」は最近急に人気を伸ばしてきた印象があります。台湾の南投にある妖怪村が近年人気スポットとして定着し、妖怪ブームが起こったためかもしれません。しかし「妖怪ウォッチ」はそれほどメジャーではないです。この間日本に帰った時、妖怪ウォッチが以前ほど賑わってないように感じましたが、もうブームは収束してしまったのでしょうか。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.