「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾南部・嘉義で観測史上最高となる37.2度を記録。台湾北部も蒸し暑さのため体感気温は45度に。除湿機能付きのクーラーがないと熱中症になる。

投稿日:

 台湾南部・嘉義で観測史上最高となる37.2度を記録したそうです。今年の冬は数十年ぶりの大寒波「帝王寒流」で多くの凍死者をだすほど寒かったですが、夏は打って変わって酷暑となりそうです。

Colour Life
台湾・嘉義で37.2度、観測史上最高を記録 | 観光 | 中央社フォーカス台湾

台湾北部も蒸し暑く、体感気温は45度

 台湾北部もかなり暑いです。台北はどんよりとした雲におおわれ、強い日差しはないものの、湿度が80%前後とかなり高いです。まとわりつくような湿気で、体感気温は45度とか。インドが熱波で51度となり、アスファルトが溶けるほどの暑さとなっていますが、台湾も体感的にはインドに迫る勢いです。

除湿機能付きのクーラーがないと危ない

 部屋にいても、あまりの蒸し暑さに悶え苦しみます。まだ5月だからとクーラーを付けるのを我慢していたら、熱中症になってしまいます。
 うちでも観念して朝からクーラーを付けました。クーラーの効きが悪くなり、イヤな臭いもしてきたので、洗浄スプレーをかけたところ、嫌なにおいは完全消滅し、効きもすこぶる良くなりました。

スポンサーリンク

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420mL×2本パック

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420mL×2本パック

 インドでは熱波で数百人が犠牲になったそうですが、台湾でも暑さのため熱中症で亡くなる人がでてしまわないか心配です。特に高齢者は知らない内に脱水症状となってしまうし、ヒートアイランド現象が激しい台北では小さな子供も赤熱のアスファルトに近い分、影響を受けやすいです。
 例年、夏になると台北は台湾南部の都市より暑くなります。盆地であることと、ヒートアイランド現象、人口が密集していてみんなクーラーを使うため排気で気温が上がるというトリプルコンボがきくためです。高雄にいた頃はクーラーがない部屋に住んでいてもどうにか耐え切れましたが、台北では無理です。いつもサウナに入っているような湿度なので、汗疹ができてしまうのです。嘉義で37度なら、いつも38度近くまで暑くなる台北は40度超えもありうるのではないかと戦々兢々としてます。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.