台湾

国旗騒動で渦中にあるツウィ(周子瑜)への応援のため、「我愛台湾、子瑜加油(私は台湾を愛する、ツウィがんばれ)」というマフラーが制作される。行政院大陸委員会の抗議により、ツウィは中国のメディアに復活。

投稿日:

 台湾中部・彰化市長である民進党の邱建富が台湾国旗騒動で謝罪した台湾人女子ツウィ(周子瑜)への応援のため、「我愛台湾、子瑜加油(私は台湾を愛する、ツウィがんばれ)」というマフラーを制作し、エールを送りました。

f:id:kotobuku:20160118034935p:plain

ツウィ(周子瑜)事件の顛末はこちら。

www.koutetsuteki.com

蔡英文次期総統も勝利者演説で言及

 昨日、台湾総統選挙で勝利した蔡英文も候補者を前にした感謝の演説の中で、「今後台湾人が国旗のことで謝罪などしなくて良い社会にする」とツウィ(周子瑜)事件に言及しました。台湾の政治評論家の一部は、この国旗騒動によって蔡英文の票が伸びただけであって、これは民進党の実力ではないという人もいますが、さすがに言いすぎだと思います。むしろ事前の世論調査では国民党・朱立倫候補の支持は15%くらいだったのに、30%以上の得票率を上げていたことに驚きました。豊富な資金力と人脈を誇る国民党は侮れません。日本では民主党がほぼ瓦解してしまい、また自民党一強時代になってしまいましたが、国民党はあらゆる手段で勢力の回復を図ってくるでしょう。

心疼周子瑜 業者開發「子瑜加油」圍巾-民視新聞

新党「時代力量」のマフラーも

 マフラー業者はこのツウィ(周子瑜)応援のマフラーだけでなく、「ひまわり学生運動」から生まれた「時代力量」のマフラーなども作っているようです。台湾の業者は商魂たくましく、あらゆる機会を逃しません。しかし、マフラーだと巻いてしまうとメッセージが見えないので意味が無い気もします。そこのところは「応援したい気持ち」というのが重要なので気にしないのかもしれません。ネタとして、記念として私もツウィ(周子瑜)のマフラーはちょっと欲しいですけれども。

www.koutetsuteki.com

中国のメディアにツウィ(周子瑜)復活

 台湾の中国大陸に対する窓口機関・行政院大陸委員会(通称「陸委」)が北京政府に対してツウィ(周子瑜)事件へ対する善処を要求したためか、一時中国のメディアから完全に姿を消していたツウィ(周子瑜)の映像が流れるようになったようです。中国共産党はこのままツウィ(周子瑜)事件を長引かせても得はないと判断したのかもしれません。このあたりさすが中国は老獪というかプラグマティックです。
 ただ、台湾側がツウィ(周子瑜)をこのままナショナリスティックなアイドルとして扱い続ければ、また中国はツウィ(周子瑜)への圧迫を始めるでしょう。16歳の、まだ選挙権すら無いツウィ(周子瑜)にこれ以上政治的な重圧を与えるのはかわいそうです。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的日記 , 2017 AllRights Reserved.