「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾でも大人気のパイロットのフリクション(摩擦筆)、明日帰国のため台湾では売っていない替芯を爆買いしてきた。

投稿日:

 明日台湾に帰国ということで、パイロットの消せるボールペン「フリクション」の替芯を爆買いしてきました。

台湾でも人気のフリクション

 消せて便利なフリクションは台湾でも大人気です。日本からの輸入品ということで、日本で買うより割高なのですが、それでもよく売れています。台湾での名前は「摩擦筆(モーツァービー)」=摩擦で擦って(消す)筆、分かりやすいですね。

替芯不足の台湾

 台湾では人気がありすぎて、替芯の供給が追いついていません。一時期、青の替芯がどこに言っても手に入らずに困りました。台湾の人は黒より青を好むようです。
 私はこの「青ペン勉強法」を読んで以来、青をメインに使うようになっていたので青替芯不足にはホトホト困りました。

頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法

頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法

 青ペンを使ったら頭が良くなるかどうかはさて置き、青を使ったほうが見やすいし、心も落ち着くような気がします。フリクションの青は深くて良い色をしてますし。

特殊な色の替芯は台湾では売っていない

 最近台湾でも青の替芯は供給されるように成りましたけど、オレンジとか水色、紫、ピンクの替芯はどこにも売っていません。こういう色のインクが無くなったら本体ごと買いなおさなければなりません。それじゃコストパフォーマンスも悪いし環境にもよくありません。
 日本なら丸善とか大型書店の文具売り場や東急ハンズ、ロフトなどにいけば全色の替芯があるので、帰国を機に爆書いしました。

フリクションボール キャップ式・ノック式共通リフィル/替芯 0.7mm【オレンジ】 LFBKRF-1

スポンサーリンク

 フリクションは、青もそうですが全体的に発色が良いと思います。消せることも便利ですが、裏写りしないというのも重宝しています。色鮮やかなのでときどきマインドマップを作るときに使っています。

新版 ザ・マインドマップ(R)

新版 ザ・マインドマップ(R)

 多色ボールペンタイプの0.5の緑の替芯も台湾では売ってません。

 齋藤孝の提唱する三色ボールペン読書をするとき、この0.5の緑は役に立ちます。

三色ボールペン情報活用術 (角川oneテーマ21 (B-43))

三色ボールペン情報活用術 (角川oneテーマ21 (B-43))

 色々役に立つ上、色も綺麗なフリクションですが、すぐにインクが詰まってしまうのが玉に瑕です。湿った紙等に書くと復活することもあるようですが、なかなかうまくいきません。この辺りは今後改善してもらいたいところです。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.