「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

梅雨の豪雨で台北駅が雨漏り。布団やタオルで応急措置し、外国人観光客ビックリ。台湾人激怒

投稿日:

台湾はまだまだ梅雨真っ盛りです。例年ならもう明けているはずの梅雨ですが、今年はかなり長引いています。各地で大雨のため、水害も多発しつづけています。

大雨による洪水でビルの屋上へ逃げる人々

一方日本はカラ梅雨で、水不足も心配されているとか。台湾の豪雨は来週の水曜日まで続き、その後34度くらいの灼熱になるとのことなので、そのころ日本へ梅雨前線が行くのだと思います。

台北駅で天井から雨漏り

1週間以上続く雨で、台湾鉄道・台湾新幹線・台北MRTの駅が集まる台北の玄関口「台北駅」が雨漏りをしたそうです。

しかもよりにもよって「誠品書店」というオシャレな書店&カフェ、小洒落た小物や土産物をあつかう区域だったため、外国から来た観光客は驚き、台湾人は国の恥だと激怒。

私は台湾に来て長いので、雨漏り程度では全然驚きませんが、初めて見た外国人はビックリすることでしょう。と思って、動画ニュースを見たら、結構驚きました。雨漏りが酷すぎて、バケツだけでは足りず、タオルや布団を総動員して水を吸い上げているとは。

雨漏りを処理するにしても、もっとスマートなやり方があるように思いますが、、

2016年は「桃園国際空港」が雨漏り

去年は台湾一の国際空港である「桃園国際空港」が豪雨で雨漏りと言うか水浸しとなりました。排水施設が弱かったのが原因のようでした。

桃園国際空港がまた豪雨で水浸し。天井から滝のように水が流れ、大洪水に。免税店でも雨漏り。一月で2回も水浸しになる国の玄関口に台湾人も呆れて物が言えず。

 台湾の玄関口である桃園国際空港が豪雨のためまた水浸しになりました。 目次1 午後4時20分の桃園国際空港1.1 雨漏りというレベルじゃない1.2 原因は排水管破裂?1.3 免税店でも雨漏り 午後4時 ...

続きを見る

今年はかなりの大雨が降っても雨漏りしていないようなので、工事などをして対策したのでしょう。台北駅も早急に対策して欲しいものです。

スポンサーリンク

鳥来で落石、洪水

大雨が降ると、いつも水害が起きてしまうタイヤル族の住む鳥来がまた洪水の危機にさらされています。

今回は長引く豪雨で落石が相次ぎ、川をせき止めてしまっています。

豪雨や台風でいつも壊滅的な被害を受けてしまう山間部は、どう考えてもインフラが弱すぎると思います。台湾は日本以上の中央重視の傾向があり、地方のインフラが全然整備されていません。私も少なからず台湾に税金を収め続けているのですが、山間部にもっと税金を投入してくれればとおもいます。

大雨の中の卒業シーズン

台湾は9月入学で6月末卒業のため、今はあちこちで各学校で卒業式が行われています。

いつもなら梅雨明けの爽やかな陽射しの中おこなわれる事が多いですが、ことしはあいにくの大雨。卒業生たちはサンダルとかスリッパを履いて、半ズボンで卒業式に臨む人が多く、SNSで大批判が起きています。

批判する人たちの気持ちも分からなくはないですが、私は特に気にならないです。台湾の人たちは結婚式とかにもTシャツで参加する人も多いし、入試の面接とかにもかなりラフな格好の人も多いです。批判している教師たちも、普段特にピシッと決めている人は少ないし、ポロシャツとサンダルで授業している人もいます。

大人がそんななのに学生にちゃんとしろと言うのはフェアではないでしょう。

私は学校で授業する時は革靴、ワイシャツにしています。ハッキリ言って台湾の蒸し暑い気候ではキツいですが、教師のコスプレをしていると思って我慢しています。

台湾の梅雨明けは来週末か

長々と続いている今年の梅雨ですが、来週末にはやっと太陽が見えるとのこと。気温は34度まで急激に上がるそうで、今から戦々兢々としています。

-台湾
-, ,

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.