「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台南でデング熱大量発生、感染者1,668人に。日本人も感染。台南政府は抜本的対策を怠り、台南市民激怒。

投稿日:

 昨年日本でも感染が騒がれた蚊を媒介に伝染するデング熱、台南で大流行し感染者が1,668人となりました。外国人も3人(うち一人は日本人)感染しています。

http://www.flickr.com/photos/28481088@N00/1503042055
photo by tanakawho

先日の台風被害が感染を拡大させる

 蚊は少し水があればそこで繁殖し、短期間で増えます。今回デング熱を媒介する蚊の大発生が起こったのは、先日の台風被害の復旧が進まず、あちこちに水たまりができていたためと見られます。

台南の行政の不首尾

 台南政府はやっきになって殺虫剤を散布して、蚊の発生を抑えようとしています。しかし、蚊の発生源を抑えるという根本的な対策をしていないため、あまり意味が無いようです。この台南政府の失策に台南市民はかなり頭にきているようです。

スポンサーリンク

台南市民は魚を飼って、独自に蚊対策

 行政の遅すぎる対応に愛想を尽かした台南の人たちは、ボウフラを食べる魚を自分で飼って、デング熱になる可能性を少しでも減らそうとしています。

南市登革熱病例破千 民眾自救養魚吃孑孓

 外国人も三人感染し、そのうち一人は日本人だそうですが、その人達はすでに回復し、帰国しました。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.