「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

寒波が台湾を襲い、台湾南部大地震でビルが倒壊した被災地でも体感気温が5度以下と厳しい状況。旧暦の大晦日にもかかわらず、多くの人が24時間体制で救助やボランティア活動。

投稿日:

 台湾は昨日、旧暦の大晦日で、今日が旧暦の正月1日(春節・初一)となりますが、台南では地震で倒れたビルでは24時間体制で懸命な救出作業が続けられています。

f:id:kotobuku:20160208082754p:plain

寒流が南下し、全台湾で気温が低下

 地震に加えて、折悪しく寒波が襲来し、被災地である台南も体感温度は4度となりました。助けを待つ人にとっても救助する側にも厳しい状況です。被災地には台湾全土から救援物資が届き、多くのボランティアがあつまり支援しています。本来台湾の伝統では大晦日の夜は家族揃って食事を食べるという習慣があるのですが、それをなげうって活動しています。

除夕又寒流 救難人員不畏艱辛續搶救 20160207 公視晚間

 今日の日中は気温が20度くらいまで上がるとのこと。暖かくなるのはありがたいですが、あまりに激しい気温の変化は身体に負担がかかります。まだ100人以上の人がビルの中に閉じ込められています。日本から救援部隊が到着し、台湾に協力しています。台南は去年11月23日を「日本の日」とするほど親日的で日本と縁が深いところです。

スポンサーリンク

www.koutetsuteki.com

 日本からの募金や応援も大きな力となっているようで、こちらでもいくども放映されています。

 

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.