台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

台湾

台北は梅雨明けしたのに4時間も大豪雨が降り続け、各地で洪水。水没する車や落石被害で死傷者も。

投稿日:

 台北市、新北市、基隆市、桃園市、新竹市で雷を伴う豪雨のため、洪水が起きています。

台北市・新北市に甚大な被害

 台北市では2時頃から6時頃までとんでもない豪雨となりました。

 ちょうど授業が終わった時間くらいくらいに酷くなり始めたので、外へ出ることがなかなかできませんでした。少し弱まったかと思って、意を決して外へ出るとまた豪雨。パソコンを濡らさないように歩いていたら背中がビショビショになりました。

 台北はインフラがしっかりしているので、少々の豪雨にはビクともしませんが、今回は長時間降り続けたこともあり、信義区という台北101があるあたりの中心街まで被害が出ているようです。

新北市では車が水没するほどの洪水

 新北市はさらにひどく、汐止や南港では水の水位が60センチとか70センチになるほどの洪水になったとか。

 車が半ば水没しています。

f:id:kotobuku:20160617200956j:plain
汐止南港大雨淹水 氣象局:大雷雨訊息到傍晚6點15分 - Yahoo奇摩新聞

スポンサーリンク

落石被害で2人死亡

 大雨で落石もあり、三峡では車がペシャンコとなり、2人が亡くなりました。

 運転手は難を逃れたようですが、写真を見るとよく生還できたのかというくらい車は潰れていました。台湾は急峻な山も多い上に雨量が多いため、ときどきこうした落石事故の被害が出ます。自分では気をつけようがないので、どうしようもないですが怖いです。

梅雨は終わったはずなのに、、

 台湾は2日前にやっと梅雨明けで、ようやく晴天続きとなるかなと思った矢先のこの豪雨。台北ではこの時期、午後に雷雨を伴うにわか雨がよく降りますが、それはだいたい1時間もしないうちに収まります。今日のように何時間も降り続けるのはかなり珍しいです。

 天気予報士の解説を見ていると、強烈な対流が発生したと言っていたのですが、昨日までの36度超えという暑さが影響しているのかもしれません。

 この豪雨をもたらした雲は今夜には台北を避り、明日からはまた炎天になるとのことです。しかしこの先の一週間の天気予報を見ると、かなり不安定で雷雨の予報もあるので気が抜けません。

 日本のニュースによると、関東では梅雨に入ってもまとまった雨がないため、水不足が深刻化しているとのこと。洪水続きの台湾とはまさに正反対です。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.