「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

中国大陸の寒気が台湾へ移動。PM2.5で汚染された大気も一緒に移動してきて台湾北部は重度の汚染に悩まされる。北部・基隆港は真っ白に。

投稿日:

 昨夜から台湾は中国大陸から移動してきた寒気に覆われています。急激に気温が下がり、北部は汚染された中国の空気が到達しています。

PM2.5に汚染された北部・基隆港

f:id:kotobuku:20151215211614p:plain

 台湾北部はすでに有毒物質PM2.5に覆われて、常に霧がかかったような状態です。台北もモヤがかかったような一日でした。

汚染度は中国大陸(上海)の4分の1程度

 汚染した大気が到達しているとはいえ、台湾海峡を超えているうちにかなり汚染度は弱まっているようで、上海に比べるとまだマシです。中国北部北京はその上海のさらに数倍の汚染度なので、ネットで「腐海」と言われているのもあながち誇張とは言えない酷さになっています。 ここ数日、中国では小児科を訪れる人が増加し、過去最高となったそうです。

スポンサーリンク

首波大陸霾害來 全台紫爆「髒得很有感」

 台湾海峡を越える汚染した中国の大気、もちろん日本にも到達してしまいます。これだけ汚染が進んでいても、中国は工場の稼働をなかなか緩めようとしません。むしろ元安に誘導して、輸出を増加させようとしているようです。この間、中国元は国際通貨に正式に仲間入りして、元高にふれるのではと予想している人も多かったようですが、逆になりました。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.