鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

台湾

結膜炎かデジアイ症候群?目がかすんでぼやけてみえる為、台湾のJINZでメガネ新調を決意

投稿日:

気がついたら左目が常にかすみ、メガネをかけてもぼやけて見えるようになってしまいました。

アレルギーによる結膜炎?

私は日本にいる時にはひどい花粉症で、すぐ結膜炎になってました。台湾はスギ花粉があんまり飛んでないので、花粉症にはなりませんが、ハウスダストやチリで目がゴロゴロすることがよくあります。

そのため、日本で買ってきたアレルギー専用眼科薬「ロートアルガードクリアブロックZ」という目薬をさし続けたところ、結膜炎ぽい症状はなくなりました。

しかし、目のかすみというかぼやけて見えるのは治りません。

パソコン・スマホ見過ぎによるデジアイ症候群?

結膜炎じゃないとすると、パソコンの見過ぎによる目の疲れかなと思い、これまた日本で買ってきたデジアイ症候群に効くという「ロート・デジアイ」をさして見ました。

すると、さして数時間は症状が改善するものの、しばらくするとまたかすんでぼやけて見えます。

もしや老眼?

メガネをかけているとボヤーっとしか見えないですが、裸眼で見るとわりと見えます。

もしや近くのものが見にくくなるという老眼?

もうわたしも立派なアラフォーなので、老眼が来てもぜんぜんおかしくはありません。しかし、左目はかなりの近眼で、近眼の場合、なかなか老眼は来ないはずでは?

それに遠くのものもぼやけてみえるので、老眼とも限りません。

スポンサーリンク

メガネの度があっていない?

そこで一番考えられるのは13,4年前に作ったメガネの度がもう合っていないのではないかということ。

もともと両眼ともかなり乱視のため、乱視も近視も進んでしまったのかもしれません。

そうだ、台北の「JINZ」に行こう!

今まで何度か台湾のメガネ屋には行ったことがあります。

メガネをかけた女性のイラスト

しかしその時は検眼してもらわず、すでに日本で作ったメガネを渡してその度で作ってもらいました。

台湾のメガネ屋で視力を測ってもらって作ったことはありません。たぶん台湾のメガネ屋で検査してもらってもだいじょうぶでしょうが、やはり勝手がわからないし、不安が残ります。

そう逡巡していたら、台湾に日本のメガネ屋がけっこう進出していることを思い出しました。

メガネ屋には詳しくないのですが、「JINZ」が去年台北に進出し、足繁く通っている台湾の電脳街・光華商城の横のSYNTREND(三創生活)の1階にテナントとして入っていることを思い出しました。

ネットで調べると値段は日本とあまり変わらないというか、少し高めでした、、為替の関係もあるのかもしれませんが、材料は日本から輸入しているのでそういう輸送費込なのかも。

来週日本へちょっと帰らなければならないので、その時に日本で作ってもいいのですが、あと1週間、このぼやけた視界のままで暮らすのはなかなか辛いです。

とりあえず、明日行ってみようと思います。また行った結果作ったら記事にしてみます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-台湾
-, ,

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.