「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾の桃園メトロ(MRT)空港線、全長51.03キロメートルのうち、なんと半分以上が高架。40メートル以上の高架もあり、非常階段がものすごいと話題に。

投稿日:

 台湾の桃園メトロ(MRT)空港線が開通する開通すると言いつつ何年も経っていますが、着実に建設は進んでいるようです。しかし、新北市から桃園市へ移るところがものすごい高架で、避難するための非常階段がものすごいことになっていると台湾で話題になっています。

f:id:kotobuku:20160217223358j:plain
「安心してください」 空港線に高さ44メートルの非常階段出現/台湾 | 観光 | 中央社フォーカス台湾

桃園メトロ(MRT)空港線の半分以上が高架

 空港線は全長51.03キロメートルのうち、なんと半分以上が高架とのこと。高架によっては40メートル以上のところもあり、かなりスリルがありそうです。この間、台南で地震がありビルが倒壊してしまいましたが、この高架の耐震性が気になるところです。
 なかなか開通しないMRT空港線ですが、線路がこんな高所にあるなら安全に慎重にならざるをえないでしょう。

スポンサーリンク

今年前半の開通は絶望的か

 馬総統の任期は5月19日までで、自分の任期中の功績とするために是が非でも開通させるかもと思われていましたが、工事を担当する部署は「安全性が第一である」として、5月19日までの開通に慎重です。桃園メトロ(MRT)空港線は台北から桃園空港まで35分で到達するというのを目標として、それもなかなか難しく、開通できない原因となっているようです。
 このブログは「MRT 桃園空港」で検索で訪れる人が一番多いのですが、また開通がいつになるかわからないということになってしまい心苦しいです。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.