鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

台湾

高雄の15歳の少年が、学校をサボり、一年で1,000万元(約3,300万円)をネット通販で稼ぎ、75万元(約250万円)追徴課税される。ネットでは擁護する人多数。

投稿日:

 台湾・高雄の15歳の少年が、学校をサボり一年で1,000万元(約3,300万円)をネット通販で稼ぎだしましたが、納税してなかったため75万元(約250万円)の追徴課税をされました。
 台湾のネットでこの少年は「経営の神」と呼ばれ、賞賛されています。

facebookで芸能人を使い宣伝

 この少年の手法は台湾の若者のほぼすべてが登録しているfacebookページを主力とするもので、有名芸能人をCMに用いて宣伝し、高い売上を誇っていました。15歳という若さで、ここまでするとはなかなか驚きです。

http://www.flickr.com/photos/31892009@N02/9335004040
photo by I'm Peggy A. Chien

15歲少年網拍年收上千萬 逃稅被開罰-民視新聞

スポンサーリンク

天性の商売人が多い台湾

 この少年のように、台湾には学校に通っていなくても天性の商売センスを持っており、若いころから商売に勤しむ人が多いです。ネットではこの少年の将来のために、国税局は税金を徴収するのはやめるべきだという声が多数です。
 しかし、売上の多さに対して納税の額が少ないような気がします。台湾も累進課税ですが、その比率が日本より緩いのでしょうか。

 そういえば、台湾は5月が確定申告の月です。基本的に台湾ではすべての人が確定申告しなければいけません。外国人である自分も行く必要があります。そんなに多くを納めているわけではないですが、台湾のインフラ等のためにと毎年払っています。この間、パナマ文書でタックスヘイブン情報がすっぱ抜かれましたが、台湾でもタックスヘイブンを使っている人がかなりいるようです。
 『21世紀の資本論』のトマ・ピケティが台湾に来て、GDPに比べて若者の賃金が低すぎることに驚いていましたが、賃金が抑えられているのは台湾の富が国民に還流せずに、タックスヘイブンにたまっているからだと思われます。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.