鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

台湾

台風14号で停電・断水中でも負けずに中秋節のバーベキューをする台湾・高雄の人たち。台風16号接近中で明日から北部ではバーベキューできないかも。

投稿日:

 昨日から今朝にかけて、台風14号が台湾南部を蹂躙しました。120年以上の観測史上最強の暴風が吹き、建物のガラスは割れ、屋根は剥がれ、大変なことになりました。

www.koutetsuteki.com

 現在も台湾南部、高雄や屏東では大規模な停電と断水で数万人以上の人が影響を受けています。

停電・断水でも中秋節バーベキューは敢行

 今日は中秋節。日本では月見団子、中国では月餅を食べますが、台湾では家族や友達とバーベキューをする習慣があります。

 停電と断水がつづく台湾南部でも、被害に負けずに中秋節恒例のバーベキューを行っているようです。
 下の写真は高雄の北にある岡山というところでバーベキューをしている様子。たぶん日本統治時代に岡山の人が移民したか何かでこの地名となったのが残っているのだと思います。

f:id:kotobuku:20160915180603j:plain
停水停電也是要烤肉 災民苦中作樂 | 即時新聞 | 20160915 | 蘋果日報

スポンサーリンク

 ひどい災害に見舞われても、楽しく時を過ごすことを忘れない台湾人。その楽観的なところは学びたいです。

台風16号「マラカス」が接近中

 台湾は今日の中秋節が祭日で、明日は振替休日、土日と続く四連休です。台湾は休みが少ないので貴重な連休ですが、あいにく台風16号が台湾北部に接近中です。早ければ明日の夜には影響が出始めそうで、連休後半は暴風雨となるかもしれません。実質中秋節バーベキューを楽しめるのは今日だけとなりそうですが、台湾人のバーベキューにかける情熱は信じられない程で、ベランダで炭火をたいて煙にまみれながらもバーベキューする人も多いです。

 私の家は日本の集合住宅のような建物の中の一室で、どこにもバーベキューをするような庭もないのに、一日中どこからともなく肉を焼く匂いがしてきます。たぶんベランダとかでみんなBBQしているのでしょう。

国民全体がバーベキューをするため深刻な大気汚染発生

 台湾では中秋節のこの時期、国民みんながバーベキューをするため、PM2.5の濃度が上がり、かなり大気が汚染されるそうです。アメリカ人がバーベキューが好きでも、大気が汚染されるほどするとは聞いたことがないです。もしかしたら質の悪い炭を使っている人が多いからかもしれないので、環境負荷の少ない燃料を導入するようになると良いのですが。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.