「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

桃園国際空港が浸水し、飛行機が遅れたことに腹を立てた中国人が「荷物に爆弾がある」と嘘をつき逮捕される。空港の電力は70%回復もレストラン等は壊滅的打撃を受け再開未定。

投稿日:

 台湾第一の空港である桃園国際空港の浸水被害がまだまだ続いています。電力は70%まで回復しましたが、影響が出た航空機は200便を超え、乗客3万人に影響が出ているようです。

中国人旅行客が「荷物に爆弾を入れた」と嘘をつき捕まる

 飛行機が遅れたことに腹を立てた中国人が、荷物の中に爆弾があると騒ぎ、逮捕されました。ただでさえ復旧作業で空港職員も忙しいというのに、なぜこんなことをしてしまうのでしょうか、、

f:id:kotobuku:20160603230516j:plain
中国大陸籍の乗客「荷物に爆弾」とうそ 搭乗便遅延に不満か/台湾桃園空港 | 観光 | 中央社フォーカス台湾

 電気が来ていないということは、冷房もほとんど効いていないということで、あまりの暑さのためにムシャクシャしてしまったのかもしれません。一昨日の38.7度という記録的な高温の後も台湾はずっと暑いです。クーラーがないとかなりイライラしてしまいます。

スポンサーリンク

浸水のため、空港のレストランは壊滅的な打撃を受ける

 突然の浸水のため、空港のレストランの食品は水浸しとなり使い物にならなくなってしまったようです。また、停電のため冷蔵庫や冷凍庫も機能せず、中の食品がすべてダメになってしまいました。
 コンビニはすでに営業再開しているようですが、レストランの再開はいつになるか分からないようです。
 空港のレストランは高いので今までほとんど利用したことはありませんが、帰国する前に台湾料理を食べたいという観光客もいると思うので、早く復旧するといいのですが。

「水上機場」桃機 商品、食物爛 美食街毀-民視新聞

日曜日からまた猛烈な雨の予報

 まだまだ復旧作業が続いている桃園国際空港ですが、今後また近いうちに豪雨という予報がされていて、また浸水しないか心配されているようです。まだ本格的な梅雨が来ない台湾ですが、日曜日には前線が南下し、強烈な雨が降るとの予報があります。排水システムの根本的な改善がなされなければ、また空港全部が水浸しということにもなりかねません。空港MRTとか言っている問題ではなくて、空港自体の安全をもっと精査してもらいたいです。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.