台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

台湾

数十年ぶりの大寒波「帝王寒流」の影響、今も続く。台湾名産の「お茶」が収穫時期のずれこみで値上げへ。

投稿日:

 台湾では今年初め、「帝王寒流」という4,50年ぶりの大寒波で多数の凍死者を出したほか、サバヒー(虱目魚)や農作物に大損害がでてしまいました。
 この大寒波の影響は今も続いており、台湾名物である「お茶」の値段も上がってしまうようです。

【2016.03.12】寒流後遺症:採收缺工 南投春茶漲 -udn tv

 どうやらお茶が不作というわけでなく、寒波の影響で収穫の時期が遅れ、コストが余計にかかってしまうようです。
 最近は日本でも台湾産のお茶がけっこう出回っていますが、その値段も上がってしまう可能性もあります。でも円高で相殺されるかも。

台湾茶(タイワンティー)の愉しみ方 (PHPエル新書)

スポンサーリンク

台湾茶(タイワンティー)の愉しみ方 (PHPエル新書)

 予報では今日は雨が止んで暖かさがもどると言われていましたが、大陸の寒波がつよくて一日中雨で寒かったです。
 台北に住んで5年半ほどですが、3月にこれほど寒くなったのは初めてです。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.