「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾鉄道の特急列車が台東で脱線・横転。中国からの観光客2人が負傷。なんと事故後、脱線した列車を切り離し、目的地まで走行。原因は高温でレールが歪んだためか。

投稿日:

 台湾鉄道(台湾鉄路管理局:台鉄)の特急列車が台東で脱線し、横転しました。

左営発花蓮行きの特急列車「自強号」

f:id:kotobuku:20160622201407j:plain

 なかなかショッキングな画像です。これだけ派手に脱線して横転したということは、多くの死傷者が出てしまったのではないかと心配しましたが、死者はおらず、女性2人(中国からの観光客)が負傷したものの、軽傷とのこと。
 乗客は約200人だったとのことですが、被害が少なかったのは奇跡的です。

脱線しても残りの車両で運転を続ける台湾鉄道

 なんと台湾鉄道は、脱線した3両を残し、残りの6両で運行を続け、目的地の花蓮へと向かったとか。
 脱線した原因もまだ分からないというのに、運転を続けるのも信じられないですが、乗ってしまう客もすごいです。
 不思議なのは脱線したのは前の車両じゃなくて、後ろの車両とのこと。ふつう前から脱線しそうなものですが、、現場は急カーブでもなさそうですし。

原因は高温でレールがゆがんだ?

 原因は特定されていませんが、6月4日にも急行列車が脱線した事故があり、原因は高温でレールが歪んでいたためとのこと。38度クラスの酷暑が続いている台湾、同じような事故がこれから多発する可能性もあります。
 レールには熱対策がされていると思うのですが、想定を上回る高温だとゆがんでしまうものなのでしょうか。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 AllRights Reserved.