「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾・苗栗で走行中の車に大きな蛇が突然落ちてきて、フロントガラスに張り付く。ワイパーのようにウネウネ動き続け、運転手は叫び続けるが離れないという珍事発生。大変怖い台湾の毒蛇。

投稿日:

 台湾・苗栗で走行中の車に大きな蛇が突然落ちてきて、フロントガラスに張り付いてずっと離れないという珍事がありました。台湾は亜熱帯〜熱帯だけあって毒蛇の種類も多く、運転手もかなり怖がっていましたが、車を止めてぶじ引き剥がし、事なきを得たようです。

http://www.flickr.com/photos/70936800@N00/2304684899
photo by fabiogis50 away for a wile

ワイパーのように動く蛇

 動画を見るとなかなか気味が悪いです。ワイパーのように大きな蛇が動き続けるので、視認性が大変悪く、よく事故が起きなかったなと感心します。運転手は大きな声で叫びながらも案外おちついています。

【TVBS】「蛇」麼事都有!擋風玻璃掉40cm蛇 駕駛驚

日本より種類が多く、毒も強い台湾の毒蛇

 沖縄にはハブがいますが、台湾にもタイワンハブというのがいます。そして台湾にはさらにタイワンコブラ、ヒャッポダ(クサリヘビ)、タイワンハイという毒蛇がいます。コブラというとインド、というイメージが有りましたが、台湾にもいるんですね。ただ、この中で一番怖いのはヒャッポダという毒蛇。



 ヒャッポダは漢字で書くと「百歩蛇」。噛まれると100歩あるかないうちに死んでしまうことからついた名前だそうです。毒自体はそんなに強くないらしいですが、一度に注入される毒が多いため、まず助からないとか。台湾に7年以上住んでいますが、こんなに怖い蛇がいたとは。深いヤブに入るとか、危険な行動はしなかったですが、登山したりしていたのでそのとき噛まれていたらと背筋が凍ります。

スポンサーリンク

台湾のガイドブックにも「毒蛇」注意喚起有り

 私が台湾の毒蛇について知ったのはガイドブックに書いてあったからでした。『地球の歩き方』にもまるまる1ページ割いて台湾の毒蛇の怖さが書いてありました。

D10 地球の歩き方 台湾 2016~2017

D10 地球の歩き方 台湾 2016~2017

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/03/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

 ただ、7年台湾に住んでいても蛇にまだ会ったことがないので、ふつうに生活するぶんには特に怖がる必要はなさそうです。最近日本から台湾にくる旅行者も多様化していて、たんに街中を観光するだけではなく、登山されたりする人が多いようなので、そういう人は十分注意していただきたいです。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.